派遣の種類をチェック

派遣の種類をチェック

派遣先で就労期間だけ雇用関係になります。派遣先との同意があれば、派遣期間中だとしても派遣先の直接雇用に切り替えることも十分に可能です。

派遣事業の切り替えも気になるところですが、まずは派遣の種類をチェックしましょう。また派遣期間終了後には、本人の意思があれば直接雇用断ることももちろん可能です。

そのため派遣期間中に直接雇用の話を持ちかけたり、強引に派遣会社を退社させるような誘導しては絶対にいけません。派遣の契約が終了したとして、派遣スタッフが派遣元を退社しているのであれば、直接雇用はなにも問題ありません。

紹介予定派遣は派遣会社と一定期間の契約を経たうえで直接雇用へと移行していきます。派遣とひとまとめにしても、いくつかの種類に分けられます。

しかし、労働者派遣契約書に記載されている直接雇用を行う場合には「有料職業紹介における措置の申し込みを行う」といった記載がなければならないことになっています。一般労働者派遣、紹介予定派遣、特定労働者派遣といった3つです。

こういった雇用形態の違いから直接雇用に切り替える場合にも様々な違い、注意点といったものがあります。直接雇用が念頭に入れて行われる派遣契約になります。

それぞれ雇用の形態というのが異なります。この場合には原則として紹介予定派遣のような紹介料の支払いをする必要はなにもありません。

特定労働者派遣は派遣会社と正社員として契約を結んでいるもので、派遣先の勤務期間が発生しないとしても派遣会社との雇用関係は継続されたままになります。一般労働者派遣の場合は雇用は派遣元が管理しています。

一般労働者派遣の場合であれば、派遣会社と非常用雇用契約を結ぶことで雇用されます。


ホーム RSS購読 サイトマップ