企業が派遣事業からそもそも撤退

企業が派遣事業からそもそも撤退

派遣でのプログラマーやシステムエンジニアとしての仕事は今後ますます不安定になりますし、キャリアアップを望む事はほぼ不可能です。取り分けIT業界に影響が非常に大きくプログラマーやシステムエンジニアの今後というのは非常に注目されています。

派遣事業切り替え前に今後のために今のうちから資格の取得等に取り組んでおくと格好かもしれません。特定労働者派遣による各業界への影響というのは非常に最大ものがあります。

場合によっては企業が派遣事業からそもそも撤退してしまう可能性もあるからです。そのため、未経験でプログラマーやシステムエンジニアになった場合には、使い捨てというポジションからなかなか抜け出すことができなくなってしまいます。

派遣事業から撤退する企業で働いているプログラマーやシステムエンジニアは、職を失うことになってしまいます。IT企業に派遣されたとしても、結局のところ3年が経過すればまた次の企業で同じポジションで働かなければならなくなります。

限定システムを上手に利用して、自分のキャリアをアップしていくという事はほぼ困難になります。というのも法が改正されたことによって、最長3年という期限が設けられていますし、派遣されることで、同じポジションで派遣は終始雇用をし続けられるということから、派遣で働いているプログラマーやシステムエンジニアの入れ替わり、使い捨てが今後ずるずる進むことになるでしょう。

さらに、半ば強制的にこれから転職活動をしなければならなくなります。


ホーム RSS購読 サイトマップ